エアー情報

飛行機による移動

現時点では日本からヴェネツィアへの直行便はありません。飛行機でのヴェネツィアへのアクセスは欧州の各主要都市で経由になります。
乗り継ぎが比較的スムーズなのはフランクフルト経由のルフトハンザ航空、パリ経由のエール・フランス国営航空、スイスエアーなどです。それぞれの航空会社とも乗り換え時間が約2時間ぐらいになっています。現地時間で18:00から21:00の間にヴェネツィアのマルコ・ポーロ空港に到着することができます。
もちろん、日本の航空会社は上記の航空会社との共同運行便を出していますので、日本航空、全日空を利用しても乗り継ぎは同様にスムーズです。

なお、各航空会社のフライトスケジュールや所要時間などは刻々と変更されますので、実際にフライトを予約する前には、各航空会社に問い合わせるか、各社のWEBサイト(下記参照)で最新のスケジュールを確認することが重要です。

Japan Airlines logo
ANA logo
Alitalia logo
Air France logo
Lufthansa logo

水上バス

ヴェネツィア内の移動手段は、徒歩もしくは船だけになっています。船での移動で一番便利なの が、ヴァポレットと呼ばれる水上バスです。 ヴェネツィアの真ん中を逆S字の形に流れている大運河を進み、目的地の近くまで行くことができます。基本的に空港から車で到着した人は P.le Romaからヴァポレットに乗って街の中に入ってくることになります。ただ、いろんな種類の船があるので間違えないようにすることが大事です。 地図を参照しながら下記の説明を参照ください。

水上バスライン

actv.itに行くと、ライン、時間などをチェックすることができます。
下のほうに、全部のラインのPDF があります。

切符

チケットはそれぞれの乗り場で買うことができます。自動販売機もあります。最近は買い忘れた場合などには、船内でも同じ値段で買うことができますが、1日チケットなどは乗り場で購入します。電子システムになっていて、乗り場のところにある白っぽい電話のような機械にチケットを近づけるだけで(黄色いのは古い機械)、改札ができるようになっています。プッと電子音が聞こえます。これがokのサインです。この改札を忘れると、コントロールが来たときに

高い罰金を取られますから、要注意。

水上バスの値段

75分チケットは7.5ユーロ、三回以上乗る場合は次のような時間チケットを、買った方が有利です。

• 20,00 € – 24 時間
• 30,00 € – 48 時間
• 40,00 € – 72 時間
• 60,00 € – 7 日間

空港からの行き方

水上バス

ヴェニスに着いたら、水路で移動するのが一番早い方法です。

空港を背にして、左にアーケードを約7分ぐらい行くと海側にでることができます。
そこからは、水上タクシーと水上ボートがヴェネツィアに向かって運行されていますが、水上ボートを利用したい方は、向かって右に乗り場があります。
Alilaguna社が運行しているこの水上ボートは、ヴェネ ツィアのラグーナ内のいくつかの島を停まって行きS.Marcoまで着きます。
所要時間はS.Marcoまでは約75分で料金は片道15ユーロ。
主な停船場所は、空港 – Murano Colonna – Fondamente Nuove – Lido – San Zaccaria – San Marcoなど。
詳しい運行情報はAlilaguna社のホームページを参照してください。

水上タクシー

ヴェネツィアに着いたんだから早速水路で、一直線に中心地につきたいという方は、水上タクシーが一番早く簡単な方法です。到着施設から空港敷地内にあるアーケード内を7分ほど歩くと、DARSENA (MotoscafiTraghetto)と書かれた所であります。
そこからは、水上タクシーと水上ボートがヴェネツィアに向かって運行されていますので、水上タクシーを利用したい方は、向かって左に乗り場があります。
この水上タクシーは、乗り換えなしでヴェネツィア内の目的まで行ってくれますから、荷物の移動、乗り換え等を考えたくない人には最適。(特にヴェニスは橋が多いので、重いラゲージを持っての移動は想像以上に大変です)
料金は、目的地によっても違いますが、だいたい110ユーロぐらいです。ガソリンを多く必要とする水上タクシーは陸のタクシーより高くなっています。
乗る際には、目的地(Hotelなら名前と住所)を運転手に伝るだけです。乗る前に料金を聞いたほうがいいでしょう。

バス

空港からヴェネツィアまでは、2種類のバスが運行されています。
ひとつは、ATVO社が運行するシャトルバス。車体の色がブルーでP.le Roma行きと書かれたバスに乗ると所要時間20分でヴェネツィアの陸の玄関のP.le Roma(ローマ広場)に到着する。
荷物はバスの下に入れられるので、荷物の多い人には便利です。
チケットは到着施設内にATVO社のチケットカウンターがあるので、そこで購入。
料金は、片道8ユーロ。

もうひとつは、ACTV社が運行する普通のバス。車体の色はオレンジで5番aerobusと書かれたバスに乗ると所要時間25分でヴェネツィアの陸の玄関、P.le Roma(ローマ広場)に到着します。

チケットはチケットは到着施設内にACTV社のチケットカウンターがあるので、そこで購入できます。
料金は片道8ユーロ。往復15ユーロ。 5番に乗る場合は水上バスと共通券が14ユーロで買えます。(90分有効)

陸のタクシー

空港施設を出ると左手にTAXIと書いたタクシー乗り場があります。Piazzale Romaまでと運転手に伝えれば、簡単にロー間広場まで行くことができます。所要時間15分から20分でヴェネツィアの陸の玄関のP.le Roma(ローマ広場)に到着します。交通渋滞によって料金は変割ることもありますが、おおよその目安は40ユーロ。
ここからは、ヴェネツィアの水上バス、ヴェポレットに乗って街の中に入って行くことができます。あるいはここで水上タクシーに乗り、ホテルまで行ってもらうこともできます(大体60ユーロ)。

空港

ヴェネツィアの空港はマルコ・ポーロ空港。ヴェネツィアの北東に位置しますが、他の 国際空港と違って、短時間でアクセスできるのが特徴です。
空港からヴェネツィアまでの行き方は、陸路と水路の2つ。陸路はバスとタクシーの2種類で、水路も水上タクシーと水上バスの2種類があります。それぞれ所要時 間、料金にかなり差があります。

インフォーメーション

ホテル

最近はたくさんホテルを紹介しているサイトがありますので、ここでは一つ一つではなく一般的なコメントにします。
ヴェニスでホテルに泊まる場合、やはり高級ホテルはサンマルコ周辺に集中しています。この辺りが夜などもちょっと外に出るのに楽しい場所です。ただ、サンマルコ周辺は高くなります。小さなホテルなどもたくさんありますが、もう4つ星ぐらいから(3つ星の場合にはなおさら)、サービスや環境はちょっとと覚悟が必要です。冬場になるとネットなどで、高級ホテルでも割とリーゾナブルな値段で泊まる事もできたりしますが、ホテルの宿泊費はイベントなどによって刻々変化しますので、日によって随分違います。
全く無難なのは5つ星以上、7つ星のホテルもあります(アマンホテル)。島のほうにも高級ホテルがありますが、そんなにシャトルの数もなく、不便は、不便です。時間がある人は静かで、高級な島のホテルでゆったり過ごすのもいいでしょう。
サービスも部屋の感じも気にしない、泊まるだけでいいという人は、探せば、幾つか掘り出し物のホテルがサンマルコ周辺にあります。それでもメストレなんかに泊まるよりはずっといいと思います。メストレなどのホテルは安くても、交通が不便で、特にベニスに来たという感じがしません。サンマルコ周辺でなくても、やはりヴェニス内に宿泊をお勧めします。
朝、電車に乗るのが便利と駅のそばにホテルを取る方も多いのですが、駅のすぐそばよりはもう少し奥まった場所のほうが、環境的にもヴェネチア的です。

アクアアルタ

9月ごろから5月ぐらいまで、ヴェネチアはアクアアルタといわれる現象によく襲われます。海の水が排水口から逆流して、町の低いところは水に浸かる時間もあります。毎日の現象ではなく、海水の満ち引き、気圧、アフリカからの風などが影響します。大抵3時間ぐらいで水は引いていきます。日本のメディアがよく大げさに伝えるような大変なことではありません。ヴェネチア人たちは慣れていて、ほとんど気にしません。誰も長靴だけは持っています。水の出る日は長靴を履いて出かけるか、持って出かけます。町の低いところだけが水に浸かります。今は観光スポットは、橋桁があって100cmぐらいのアクアアルタは気にもならないくらいです。それ以上になると少し困難な状況も出てきます。10年に一回ぐらい130,150cmのアクアアルタがあります。こんな日はなかなか水が引かなくて大変なこともあります。滅多にないことですので、そんなに心配する必要のないことです。
長靴を持っていくべきかどうかは、サンマルコあたりにつく時間に90cm以上のアクアアルタがあるかどうかによって判断します。
このリンクで水の高さの予想を見ることができます。

アクアアルタ予報サイト

安全さ

ヴェネツィアは治安のいい街です。夜中12時をすぎて街を歩いていても危険を感じたりすることはありません。
だからといって、油断しきって街を歩いても大丈夫ということではありませんので、最低限の注意を払って行動することは大切です。
観光スポットだけではなく街なか、スリはいっぱいです。これはヨーロッパではどこでも同じです。人ごみの中だけでなく、人の少ないところでも常に注意は必要ですが、とても凄い技ですので、一度狙われたら、全く知らない間に取られます。これは普通と考えて、現金は幾つかに分ける、お腹の中にしまう、重要なものと現金を一緒にしないなどの注意は必要不可欠です。置き引きにもご注意。ホテルの中でも置き引きも多いようです。

レストラン等での会計もご注意ください。オーダーする際は、自分の注文する物の値段をだいたい把握しておくことが大事です。
世界が憧れるこのヴェネツィアは、全体的にレストランなどの値段は高いということも、前もって認識しておいたほうがいいです。

ショッピング

ヴェネチア、サンマルコ周辺はそんなに歩かない場所にブランドショップが集まっています。ブランド品が目的な方は簡単にショッピングができる街でもあります。サンマルコ周辺は日曜日でもお店が開いています。一般の店は10時ぐらいにオープンし19時半には閉まります。
ヴェニスの重要な産物は、ガラス製品、レース、貴金属、仮面などです。
ただ、最近はサンマルコ周辺も残念なことに中国製のものが多くなり、どれがイタリア製かを知るには、相当な目が必要です。
また、このヴェニスならではの特別なものをお探しの場合はご相談ください。

スーパマーケットは下記をクリックください。

電話

今は誰もが携帯を持っていますので、公衆電話の数は少なくなりましたし、壊れていたりする事もあります。今でも公衆電話を使うには、たばこ屋さんで、テレフォンカードを買って、これを電話に挿入して使いますが、携帯を日本からお持ちになるのが一番です。今ではイタリアに入ればすぐ自動的に自分の携帯から電話ができるようになっています。
ホテル内の電話は高額になりますので、持参の携帯を使ったほうが得です。
国際テレホンカードを使うと携帯でもとても安くインターナショナルコールができます。国際テレホンカードはやはりたばこ屋さんで買います。TIMなどのカードがしっかりしています。安くても小さな電話局のものなどは、なかなか繋がらなかったり、繋がってもすぐ切れたりします。

警察

緊急で警察に電話をするのは113番です。

サンマルコからあまり遠くないサンロレンツォ広場の近くにイタリア警察、クエストゥーラがあります。
Commissariato di Polizia di Stato San Marco (イタリア警察)
住所/Fondamenta San Lorenzo, 5053 · 電話/041 270 5511

サンマルコのそばにシティーポリスがあります。
Vigili Urbani (シティーポリス)
住所/Sestiere S. Marco, 52/E · 電話/041 274 7310

救急と病院

救急の電話番号は118です。携帯から直接できます。英語でも大丈夫です。本当に緊急の場合だけ、電話してください。10分ほどで救急船が着きます。
ヴェニスの救急病院はSan Giovanni Paolo 広場にあるOspedale San Giovanni Paolo です。
(tel/041 529 4111)

救急船を呼ぶほどではないけれど、緊急の場合は、歩いて、あるいは、水上バス、水上タクシーなどで、病院の救急レパートリーに行く事ができますが、救急が優先されますから、本当に危うい病状でない場合などは、一日中そのレパートリーで待つ事になったりもします。
また、病院側が本当に救急と判断しない場合には、全額支払いになる事にもなります。

出発前、保険をかけた人は、重病で入院したりした場合、すぐ保険会社と連絡を取る事をお勧めします。

時差

イタリアには夏時間と冬時間があります。日本とイタリアの時差は、夏時間期間中は7時間、冬時間の期間中は8時間になります。
夏時間から冬時間、または冬時間から夏時間に変わる時には注意が必要です。これを考えに入れないと、飛行機の時間を間違えてしまったりします。
夏時間から冬時間に変わるのは10月最終日曜日。
冬時間から夏時間に変わるのは3月最終日曜日。

また、イタリアの冬は日暮れが早く、朝、陽の昇るのも、日本に比べるとずっと遅いです。冬は4時ぐらいから暗くなり始めます。

両替

街中にいくつも両替所がありますが、率はあまり良くありませんが、これはどこに行っても仕方のない事です。ATMなどを利用したほうがいい場合もあります。
最近は街中の両替所は少なくなりました。
少額の場合は、クレジットカードなどは、嫌われますので、現金を持っているのは必要な事です。

気候

イタリアの気候は基本的に日本と似ています。ただ、ヴェネツィアは海の上にあるまちですから、冬の寒さ、夏の暑さは他の都市よりも厳しくなっています。
冬期の1月あたりは氷点下を切る日もありますので、そうとう厚手の衣服を持参することは必須となります。気温はそんなに低くなくても、湿度が体感温度を下げます。冬のベニスはとてもとても寒い所です。
4月5月になると気温も安定し、過ごしやすい時期になりますが、冬のように寒い日あるいは特別暑い日などがよくあって、ここ数年予想が難しくなっています。また夏の暑さは厳しいです。湿度がとても高いこの街に夏に訪れる方は、必ず冷房付きの部屋を確認して予約なさることをお勧めします。ペンションなどには冷房がついていない所もあるようですのでご注意ください。

美術館

accademia gallery venice entrance

アカデミア美術館

アカデミア美術館ヴェネツィア派の最も著名な絵画が網羅されていて、ヴェネツィア派の進展を1300年から1700年まで、はっきりとつかめるのがこの美術館です。また信徒会などの内部を飾っていた絵がかっての陳列順を再現して展示されていて、その頃の信徒会の中に入ったような印象ももてます。名作の中に時が隠してしまった秘密を明らかにしていくことで、時を遡ってヴェネチア人たちの信仰や文化に触れるイメージの旅もできます。 (内部説明は1時間から3時間まで、ご興味によってお選びください。)

レッツォニコ邸、1700年代博物館

1700年代のヴェニスは特別繊細な文化を生み出します。1700年代のベニスの日常を手に取るように見ることができるのがこのレッツォニコ邸です。 過去ヴェネツィア共和国の政治に参加することが出来たのは、4世代に渡ってヴェニスに生まれ、滞在し続けた貴族だけでしたが、1600年ぐらいから、莫大な金額と引き換えに貴族の称号を買うことができるようになります。  1687年に新しく貴族になったレッツォニコ家はこの新しいステイタスシンボルとしてプリウリ家から買い取ったパラスを大々的に改築します。 もう財政困難のベニスでは、この時期新しい邸宅が建てられたり改造されることが少なくなりますが、このパラスを訪ねるのは、1700年代に移行するような感覚を味わえます。 カザノバなどの白粉の香りがするような世界です。
Ca' Rezzonico, 18 th century museum
Palazzo Grassi

更新中

ヴェネチアの味

artichoke fried

オステリア(バカロ)でちょっと一杯

今ではほとんどのバカロがレストランに変化し、本当のバカロはほんの少しになってしまいましたが、本物のバカロで、美味しいワインをおつまみ(ヴェネチア語ではチケット)を食べながら飲みたいという方は、一緒に行きましょう。 写真はカストラウーラと呼ばれるアーテチョークの最初の実。ヴェネチアのサンテラズモ島のカストラウーラは世界で一番美味しいと言われています。1月の終わりから2月にかけて食べることができる。他の街で作られたものは大味で、このサンテラズモ島のカストラウーラには比べようもないのもです。

Pasta

Doge Palace
Palazzo Grassi

更新中

ヴェネチアのお祭りやイベント

  • Sensa Festival
    Festa della Sensa (海との婚礼の祭典)
    5月23日
    ヴェネツィアと海との深い関係が今も伝わる、海との婚礼。共和国の時代にはサンマルコの岸辺からお召し船(ブチントーロ)に乗ったドージェがリドの海まで行き、金の指輪を海になげ「海よ。ヴェネツィアは汝と結婚せり」と唱えた祭り。今ではドージェに代わってヴェネツィア市長(最近は代役)が指輪を投げる。