Uncategorized

ヴェニス現代アートポイント

inside of Dogana Venice with exhibition

税関(dogana) :
安藤忠雄のデザインで、このかっての税関と塩の倉庫が、コンテンポラリー美術の展示場として、絶好の場所になりました。安藤の修復も格別ですし、最先端を行くFrancois Pinaultコレクションはコンテンポラリーアートだけが導いてくれる特別な空間を味わえます。

Grassi 邸 :
これも興味深い Francois Pinaultコレクション。

グッゲンハイム美術館: 今では、もうクラシックと言っていいペギィーグッゲンハイムコレクション。コンテンポラリー美術の始まりを知るためにも、必見のコレクションです。 

ペザロ館 :
ヴェニストヴェネト地方を中心とした、味わい深い1800年代の作品を網羅している現代美術館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です